where the light is

twice as much ain't twice as good

飲めない私の生存戦略

私の準メンターだった方が会社を辞められて暫く経ち、親しいベテランの女性と三人で、美味しい海鮮と日本酒を嗜んできた。並んでいると親子のように見えるんだろうなァ… などと思いながら、二次会では場末の立ち飲み屋で人の噂話や業界の今後の話、転職を決めたきっかけなどを話した。私の勝手な推測の「〜だと思うんですけど」に対して「やっぱ分かってんなァ〜」と同調してくださったりして、承認欲求が満たされた。全て真に受けてはいけないのだけど、良くも悪くも海千山千の先輩が、私の立場や評価を客観的に話してくれることは、安心感や承認にも繋がるものだ。「最近痩せたよねェ〜」の一言も、私にとってはとても嬉しかった。

私は同世代と飲んでワイワイやることが苦手なので、今回のように少人数でしっぽり話しながらちびちびやるのがいいのだけど、それにしても私はお酒が飲めないな、と思う。飲めるには飲めるのだけど、最初の生ジョッキ一杯で顔が真っ赤になってしまう。しばらくしたら落ち着くには落ち着くが、頭を締め付けられるような痛みが走り出す。あまり飲んだり食べたりしすぎると粗相をしそうで、堪えることに必死になってしまったりする。いろんなことを気にして楽しく飲めないし、セーブして楽しく飲んでいるつもりでも、気がついたら調子に乗って飲んでいて、家に着いたら気持ち悪くなって回復体位を取ることしかできなくなる。何とか飲酒を楽しもうとして、事前に何か有効成分を飲むとか、アルコールと同量の水分を摂取するとか、いろいろ試してはみたのだけれど、家に帰ってしんどくなるのは仕方がないようだ。今日もだいぶやられてしまった。

とはいえ、大学生の初めの頃はそうも言っておられず、飲み始めは多少は気分も良くなるので、気の大きな話をしたりして、ノリというものについていこうと何とかやってきた。いろいろ工夫したものの、やはりノリについていけなかった私はサークルを辞め、紆余曲折を経てインターン先で日系企業(特に商社・金融)の飲み会文化に触れた私は、「ここではやっていけない」ということに気づき、ゆるふわ外資系という今に至るというわけだ(もちろん他にも理由はあるのだけれど)。

それからというもの、私の飲み会での生存戦略は“中年に気に入られる”という方針になったような気がする。音楽や映画などの趣味がオジサンくさいこともあって、ちびちび飲みながらあーだこーだ話し続けることで立場を守ってきた。飲むこと以外で“おもしろい奴”認定されれば、間を持たせるために酒を注がれる必要がないので、飲酒量が格段に少なくて良くなる。結局それで済むような中年が集まっている界隈にいるというだけだろうし、歳上に甘えていると言われれば、それまでな気もする。今の環境なら「飲めないんですよォ〜」で済ませることもできるだろうけど、飲めない認定によって、今回のような普段は得られない情報を逃すのは惜しい。

別にこの話にオチはないのだけど、そんなこんなでお酒が飲めない私は、同世代の友人に対して「飲みに行こうよ」と誘うことのハードルが非常に高い。なんやかんや気分が良くなって飲みすぎて、挙句の果てに頭が孫悟空である。いよいよこのパターンにウンザリしてきたし、よほど会いたい人でなければ自分から誘って飲もうとも思わなくなってしまった。美味しいメシは大好きなので、そういう所に行きたいのだけど、必然的にアルコールが付きまとってしまう(カフェに私が控えているカフェインが付きまとうように)。

そういえば、今日の客先訪問後に先輩と打ち合わせる必要があってビルの喫煙所に同行したのだけど、狭い空間に100人ぐらいが押し込められていて、まさに地獄絵図だった。実際のところはタバコが好きではないのに、コミュニケーションツールとして仕方なく吸っている人もいなくはないんだろう。

アルコールやカフェインやニコチンを摂取すること以外で、気軽に親睦を深められる方法があればいいのになあ、などと切に思ったりする。

雑記190121

大戸屋に行って定食を食べるのにハマり、連続で通ってしまったこともあったのだけど、今はやはり自分で作ったご飯が美味しいことに気づいて、自炊をしている。今日作ったのは、ニンジンのスープ。近所のスーパーで大きいニンジンが安かったので買ってきたところに、ふるさと納税でまたニンジンが届いてしまったのだ。大きいニンジン一本を半月切りにしたものと、大きい玉ねぎを一つ、繊維に沿って細切りにしたものを、オリーブオイルで炒める。ニンジンが柔らかくなったら、カップいっぱいの水とコンソメを加えて、さらに煮込む。ニンジンの繊維がシナっと柔らかくなれば、ミキサーに入れて細かくする。鍋に戻し、200mlの水に溶かした大豆プロテインを加えてさらに煮る。本来は牛乳を加えるとおいしいとは思うのだけど、大豆プロテインによって脂肪分を大幅にカットできる。黒コショウ、乾燥バジルを加えて、塩で味を調えて完成。大豆プロテインは豆乳よりあっさりしていて、ニンジンと玉ねぎの甘みがより引き立つ仕上がりになる。オリジナルレシピだったけど、非常においしかった。

昼食には、サバの水煮缶と、朝レンジで作ったゆで卵を2個持っていっている。本当は玄米ご飯を持っていきたいのだけど、朝チンしたり冷ましたりするのが億劫で、コンビニで2個入りの小さいおにぎりを買った。うちの会社にはセブンイレブンが入っていて、お昼時はかなり混み合う。列に並んでいる人たちが持っている昼食を見ていると、やはり圧倒的にタンパク質が足りないし、糖質からカロリーを摂取するようなメニューになっている。「パスタサラダではタンパク質は5gも取れないですよ」「栄養不足で逆に太ったり、メンタル病んだりしますよ」「せめてビタミンBぐらいは摂った方がいいですよ」「食後にパルテノかオイコスでも追加しませんか」などと言いたくなる。私はと言えば、隣の部署の愉快な関西人に、サバの水煮缶を見て「おもろいもん食ってんなァ」と言われたのだけど、それも役得である。たんぱく質をしっかり摂っておけば、午後からもお腹が減らず、余計なことを考えずに済む。私はしばらくサバの水煮缶を持ち歩く。

それでも不安はやってくるもので、このところモヤモヤした気持ちが続いている。年に何度か来る陰鬱として何もできなくなるタイプではないものの、あまり本調子でない感じがしている。勇気を出して、会社の健保のメンタルヘルス相談窓口に、メールを送ってみた。いつものことではあるのだけど、自分の過去と現状を伝える客観的な文章にしてみれば、どこか遠い他人の出来事のように感じられてしまう。セオリー通り、私の言葉をおうむ返しにして、軽い同情を加えた返信が来た。よければ無料のカウンセリングを受けてみませんかという内容だった。ちょっと間をおいて少し元気が出たところでフォームに記入をして、先程やっと送信ができた。実際に予約をして受けられるのは来週以降とのこと。「希望するカウンセラーの年齢・性別があれば」との項目があって、消去法で同世代ではない女性、でも母親世代ほどではない方が話しやすいな、なんて思ったのだけど、「30代・40代の女性を希望します」と書いてしまったのが、後から考えると少し可笑しな気持ちになる。

仕事はと言えば、もっぱら技術的な支援がメインになっていて、日々あらゆる製品の公式サイトを巡っては社内外に共有するという作業をしている。「公式にこういう参考アーキテクチャがある」「今回の特殊な要件だと、この辺が検討ポイントになりそう」「一般的な実装をするとこれとこれの組み合わせだけど、うちのビジネスにならない可能性があるので注意が必要」「こうした実装は実績があるようだけど、この製品と組み合わせた実績はないので、検証が必要」「非公式ブログで、こういうところにハマるので注意とある」「実際に簡単なプログラムを書いて検証してみたのだけど、動くには動くが、このパラメータはチューニングができないみたい」「ちょっとベンダーに問い合わせますね」などといった話をする。やっていて楽しいし、やりがいがないわけではないし、働きやすいし、待遇も悪くないし、まさに思い通りのプリセールス段階の作業なのだが、こういった特定の製品を持たない要員が、どの程度の市場価値を持つのかが分からず、将来に大きな不安を覚える。広く浅くいろいろなことを知っているけど、その知識が使えるフィールドは限られている気がする。エンジニアを名乗れるレベルには程遠いし、かといって口だけで客を引っ張ってこれるほど営業スキルがあるわけでもない。ないものばかりを数えるな、仕事にばかり囚われるなとは言われるけど、この不安は根拠のない理不尽なものなのかどうか、私には判断できない。

【2019読書記録①】メンタルヘルス・筋トレと食事

今年の抱負を書いてからHIITと筋トレを継続し、帰宅してからは図書館から借りてきた本を読んでいた。読んだ本をまとめる。

 

 

メンタルヘルス

同居人が借りてきていた水島広子さんの『折れない心の作り方』を読んで、心がすっと楽になったので、自分でも図書館から借りて何冊か読んだ。

10代のうちに知っておきたい折れない心の作り方

「イヤな感情には役割がある」、「怒っている人は困っている人」、「人にはそれぞれの事情がある」、「自信を無くしたときは衝撃をさがそう」、「決めつけられても決めつけない」、「自分を主語にして話す」という6つの原則を基に、自分や友達関係、オトナや社会との関わり方について、優しく語り掛けるように説いてくれる。

語り口がやさしく、原則を思い出すことで応用が利きやすくて、読んで良かったと思う。去年しきりに言っていた「うっせえ」より、もう少しオトナな対応ができそうだ。特に「イヤな感情には役割がある」ということは、覚えておいた方がいい。違和感があるときに無理に頑張るのではなく、ちゃんと耳を傾けられるのがオトナだ。

 

「怒り」がスーッと消える本

対人関係療法についての本。こちらはイマイチだった。怒りの原因の取り除き方についての本だが、内容はほとんど『折れない心の作り方』の原則を応用したものだったし、(大人向けのせいか)言い方が説教っぽかった。また、「自分の中にある相手への期待」に気づくという考え方は、私の中のバイブルになっている『箱』を希釈しただけのような印象を受けた。これを読むなら、ぜひ『箱』の方を読んでほしいと思う。これを読んで人との接し方がだいぶ楽になった。 

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える

 
自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (418件) を見る
 

 もう三年も前に、簡単に書評を書いている。「読めば人生が変わる」というのは大げさだが、その言葉が一番しっくりくる本だと思う。

 

「むなしさ」を感じたときに読む本

自分の人生をコントロールできないとき、つながりや居場所がないとき、同じことの繰り返しを感じるとき、人生の意義が分からないとき、変化・衝撃を感じたとき。それぞれの「むなしさ」に対して、どう対処すべきかということが書いてある。他人との比較や「べき論」に囚われず、「今ここにいる自分」を中心に考えるというメッセージであるとように印象を受けた。 

 

筋トレと食事

筋トレと栄養の科学【オススメ】

「どうして筋トレが必要かを科学する」、「正しい筋トレ方法を科学する」、「食事と栄養を科学する」、「カラダの休め方を科学する」の柱で、必要最低限の知識がエビデンスを基に書いてある。賛否両論・諸説あるのは重々承知だが、それでも知っているのと知らないのとでは、身体づくりの効率が大きく変わると思う。とりあえずこれを読んで基礎を作ってから、いろんなダイエット本を読むと良い気がする。

筋トレと栄養の科学 (お腹を凹ませて、太らない体になるための真実67)

筋トレと栄養の科学 (お腹を凹ませて、太らない体になるための真実67)

 

  

味覚を変えればやせられる

同居人が師と仰いでいるトレーナーの本。日本人の嗜好は糖質に偏りすぎており、不健康な食事を美味しいと感じてしまう、乱れた味覚が太る原因になっている。たんぱく質を中心とした食事で味覚を整え、「食べたいものを美味しく食べてやせる」のが本当のダイエットであるとして、”孫には優しい(マメ・ゴマ・ニク・ワカメ・ヤサイ・サカナ・シイタケ(きのこ)・イモ)”を推奨するというもの。

たしかにタンパク質・ビタミン・ミネラルが不足しているがために、糖質や脂質が必要以上に含まれた食べ物をつい食べてしまうということがよくある。今年に入って意識的に体重×2.0g程度のたんぱく質を摂り、アナバイトでビタミンを補給するようになったのだが、ジャンキーなものを食べたくなくなったし、満足感も大きい。自分の味覚が整ってきたことを感じるし、このタイミングで読めてよかった。

味覚を変えればやせられる

味覚を変えればやせられる

 

 

ダイエットは運動1割、食事9割

こちらも森さん。有酸素運動は時間効率が悪く、筋トレによって筋肉が増えても代謝はさほど上がらない。だから「味覚を変えれば痩せられる」という内容だった。『味覚』の本を読んでいれば、特に真新しい内容はなかったように思う。

 

読書中


知ってるつもり 無知の科学
知ってるつもり 無知の科学 (早川書房)

知ってるつもり 無知の科学 (早川書房)

 

 

読んでいない本について堂々と語る方法
読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

 

 

一緒にいてもスマホ
一緒にいてもスマホ――SNSとFTF

一緒にいてもスマホ――SNSとFTF

 

 

食事後・寝る前のスマホを見る時間を読書に置き換えることで、1週間でこれだけの本を読むことができた。軽い本ばかりであるとはいえ、やはり漫然とインターネットを見ているより得られるものが多い。こういうふうに軽くまとめることで、内容の振り返りにもなっている。最近、精神的に落ち着いているのは筋トレや食生活の改善との相乗効果だとは思うが、引き続き読書の習慣も心掛けたい。 

今年特に注力すること 2019

今年の抱負を書いた。 


インプットの質を高める

書籍の持つ情報の質を評価する

昨年度はGoogle検索を活用しすぎた結果、あまり本を読めず思考にまとまりがなくなってしまった。具体的に言えば、エンジニア方面に関しては技術書を十分読んだとは言い難いし、筋トレ方面に関してはツイッターからリンクされているページばかり見ていた。その結果、まとまった成果としての知識を得ることができず、断片的な情報収集に終始することが多かったように思う。ブックマークだけして読んだつもりになり、インプットできなかった情報も多かった。無代償で手に入る情報は、それなりの価値しかないと心得る。書籍の持つ「質」を過小評価しない。

図書館や本屋の持つ偶然性を取り入れる

図書館や本屋に並んだ膨大な本を見ていると、未だ知らない世界の広さ、面白さを思い出させてくれる。悩みに対する思いもよらないアプローチが得られることもある。Google検索は、既に知っている言葉や考え方を検索ワードとして、「自分の内奥を覗いているだけ」と心得る。キュレーションサイトやレコメンデーション機能によって、自分の陳腐な考え方がどんどん濃くなることも危惧している。そういう理由で、図書館や本屋の、偶然的な書籍との出会いを重視したい。興味を持った本は、出し惜しみせず読みたい。

集中できる場所と時間にお金を惜しまない

コニー・ウィリスの『クロストーク』というSFの中で、テレパス能力を手に入れた主人公が能力に潰されないように取った行動の一つが、「図書館に行くこと」というのが、言い得て妙だと思った。SNSを見たり音楽を聴いたり、「ながら」でインプットができてしまう現代だからこそ、集中してインプットをする機会は逃さないようにしたい。「読書=インプットしかしない」という、思考を直線的にする時間を最近取れていなかったように思う。「ながら」のインプットはコスパがよいようであって、実は何も得るものがない時間だと心得る。そのための場の確保、時間の確保には出し惜しみをしないようにしたい。

具体的には、朝早く起きてカフェにこもるという選択肢もあるし、サテライトオフィスやジムのロビーなど、集中できる場にいるようにする。場所と時間のための費用を惜しみたくないし、それ以上のリターンがあることを覚えておく。

 

筋トレと食事管理を徹底する

科学的に裏打ちされた方法で筋トレをする

筋トレに取り組み始めたのは良かったが、自己流を信じるあまり、非効率的なトレーニングをしていたように思う。「①筋トレの前には、糖質をしっかり摂る」「②筋トレ中は、血中のアミノ酸濃度を保つため、BCAAを飲み続ける」「③筋トレ後は、筋肉の栄養となるたんぱく質と炭水化物を十分に摂る」。この基本原則を忠実に守ってジムに行ったところ、いつもの何倍も力が出たうえ、回復も早かった。必要な筋肉を意識してダイレクトに効かせることができたし、いままでの筋トレがヘナチョコだったことに気づかされた。

すべての生活を筋トレ中心に回す

筋トレ後は超回復のために3日間のインターバルが必要だが、日ごとに下半身・上半身・体幹と分けてトレーニングを行うことで効率的な育成が可能。また、全身の筋肉の中で腹筋は回復が早いので、インターバルを待たずに繰り返しやってよい。このことを踏まえたうえで、筋トレのスケジュールを組む。また、ジムに行けない日にもHIIT(High-Intensity Interval Training=高強度インターバルトレーニング)を行うことで、短時間で有酸素運動に勝る代謝を実現する。加えて上記の筋トレ前後の補給、たんぱく質中心の食事を意識して、すべての生活を筋トレ中心に回したい。

結果が出ないわけがないと信じる

去年、ヘナチョコな筋トレといい加減な食事管理でもあれだけの成果が出ているので、もっと意識を高く持ったとき、結果が出ないわけがないという気持ちでいる。7月の海までに、明らかに見た目が筋肉質になっている自分を思い描いて、トレーニングと体調管理を続ける。無印の薄い手帳に、筋トレの内容を書いてモチベーションを保つ。

 

メンタルを健康状態に保つ

劣等感と焦燥感を正確に評価する

劣等感や焦燥感を感じたことが多かったが、最初に書いたように、まとまったインプットがなくて達成感を感じられなかったのが原因であるように思う。自分が劣等感・焦燥感を感じている記事を読み返したとき、誰かと比較して自分にないものばかりを数えていることに気づいた。それも、自分とは生い立ちも年齢も職業も、全然違う人と比べていたのだ。比べてモチベーションになるのはいいが、コンプレックスになるだけなら、見ない方が吉であると思った。劣等感やら焦燥感やら、マイナスの感情からいろいろなことに手を出した挙句、身にならなかったことが多い。できるだけコストのかからないことをしようとして、時間を潰してしまった。「教養としてこれぐらい」という意識は分かるが、義務感から学習するのは良くない。

モチベーションを正当に評価する

試験とか仕事とか、期限が決まっていないことは身にならなかった。最初は資格試験などを目標にしてまとまった知識をつける必要があると思うし、そもそもそのスキルが必要なのか吟味してから取り組む。今年は読書と筋トレに優先順位を置きたい。

前進している感覚を持つ

興味が離散してしまい、結局何も身にならないということを避けたい。前進している、向上しているという感覚が持てれば、精神の安定が得られる。そのためには、インプットの質とプロセスを気にしていく。また、筋トレはやった分だけ成果につながるし、ホルモンバランスを整えてくれるので、効率よく続けようと思う。これを徹底するだけでも、かなり精神的に満たされてくるはず。
 

今年の目標は「ネットではなく本を読む」「効率的な筋トレをする」に集約される。 具体的な数字目標ではなくて、それに至った理由を書いてあるのは、ひと月に読める本は仕事の忙しさなどによって変わってくるが、大事にしたいことは変わらないからだ。個別に書く記事も読書と筋トレのことをメインにしたいと思う。

今年もよくできました 2018

今年も終わりなので、できるようになったことを書き出してみた。あえて「来年からはこうしたい」とは書かず、自分を褒めることにだけ終始してみる。

 

料理が上手になった

今年の成果を振り返ると、まず料理がうまくなったことが挙げられる。和洋中、たくさん作った。肉は鶏むね、鶏もも、手羽元、豚バラ、豚小間、豚ロース、合挽肉、砂肝を中心にして、かなりのバリエーションの料理が美味しく作れるようになったと思う。11月からは魚料理にも取り組み始めた。冷凍した食材の使い方にも慣れてきたし、レンジを使った時短料理も覚えた。よくできました。


 

仕事で成果を出せた

大規模案件を、何もない状態からほぼ一人でクローズすることができた。我ながら技術面でかなり貢献できたと思うし、信頼を得る方法やタスクの振り方なども自分なりのやり方が見えてきて、ちょっとずつ一人前になれてきたのかも、と思っている。社内で初めて会う方からも名前が知られていることが増えて、バイネームで案件に指名されるようにもなった。よくできました。

 

筋トレをはじめた

同居人の影響で筋トレを始めた。半年間、どんなに忙しくても週に最低1回、ジムに行ってチェストプレス、ラットプルダウン、アブドミナル、ロータリートーソをこなすようにしていたら、半年かけてフェイスラインをスッキリさせることができた。お腹の周りの脂肪も減ってきたし、背中にも目に見えて筋肉がついた。各マシンは、3kg程度でもしんどかったのだが、6kgぐらいまでは余裕で持ち上げられるようにもなった。 よくできました。

 

カフェインを断つようになった

6月ごろからカフェインを断つようにした。具体的には毎日飲んでいた缶コーヒーをやめ、家や出先でコーヒー・紅茶の類は飲まないようにしている。ADHD的な症状が出づらくなったなど効果はいくつかあったが、何より精神的に穏やか。缶コーヒーにお金もかからなくなったし、心も楽になったし、良いこと尽くしであった。よくできました。

 

モノをたくさん捨てた

扇風機、椅子、鍋、枕、服、本、オーディオコンポ、モニター、アンプ、苦手な知り合い、SNSアカウント、実家など、”長く持っているからといって、全く自分の益になっていないモノ”をたくさん捨てた。嫌いなもの煩わされることがなくなり、大事なことに集中できるようになった。「我慢が美徳」だなんて絶対にウソだし、より自分が穏やかになれるものを身近に置くようすることが大切だと思った。よくできました。

 

ウズベキスタンに行った

完全な個人手配でウズベキスタンに行った。タシュケントからウルゲンチ、ヒヴァ、ブハラ、サマルカンドを巡って帰ってきた。若干お腹は壊したけれど、大きな問題もなく無事に帰って来れた。楽しかった。よくできました。

 

ブログ記事を書いた

たくさんブログ記事を書いた。最初の方は思い付きのログを垂れ流していただけだけど、最近まとまった記事をかけるようになってきた。ポケモンでいうと「レポートに書き残す」ような感覚を持っていて、なんとなく流れて行ってしまう日常を意識して言語化するプロセスは思ったより大事なようだ。記事を読み返すと考えていたことを思い出せるし、今年のテーマとしていたものが浮かび上がってくる。よくできました。

 

その他

生活

洗い物を率先してやった
日用品がなくなる前に購入しておいた
部屋の消臭を心がけた
タンパク質摂取量/日を意識した
主食を玄米に変えた
就寝環境を整えられた
ふるさと納税ができた
諸々の売り逃げができた 

メンタル

大きい主語を使わなくなった
他人の悪口陰口を言わなくなった
意味のない嘘をつかなくなった
メンタルに来るツイートを見なくなった
しんどくなる前に休めるようになった

 

いろいろとできるようになったことはあるが、2018年はメンタルがやられそうな時に原因を冷静に考えられるようになったのが、とても大きい。低気圧、ストレス、人間関係、多忙、睡眠時間、寝床、アルコール、カフェイン、運動不足、筋肉疲労、カロリー不足、誰かのさり気ない一言など、どれがメンタルに効いているのか現実的に分析して、それに対処できるようになってきた。

 

2016年に買ってよかったもの22選

2016年に買って長く使っているものをまとめた。

 

携帯品

【.Lunazul.】本革を贅沢に使用した高級感溢れる IDネックストラップ

社員証ケース。私はネイビーのものを使っている。

 

ガジェット類(PC・スマホ周辺機器)

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

読書に集中したくて購入。スマホの“何でもできる”に対して、Paperwhiteは“読書しかできない”のが良い。液晶ではないため、目が疲れにくい。

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

 

 

Anker PowerPort 10 (60W 10ポート USB急速充電器)

充電器が乱立するとコンセント口を圧迫するので、まとめるために購入。こんなにいらないかと思っていたけど、USB充電のものが増えてきて全ての口を使っている。

アンカー Anker 60W10ポート急速充電器 ホワイト A2133521

アンカー Anker 60W10ポート急速充電器 ホワイト A2133521

 

 

NEC PA-WG1200HS [無線LANルーター Aterm WG1200HS]

ルーターといえばこれ。ラズパイVPNのために、Atermがポートフォワーディングをしてくれている。簡易NAS機能付きのにしておけばよかった。

 

BUFFALO ポータブルHDD 1TB HD-PNT1.0U3-PC

ポータブルHDDの残容量が少なくなってきたので、追加で購入。付属ソフトで暗号化するとMacで使えなくなるので注意が必要。

 

ASUS バスパワー対応ポータブルDVDドライブ SDRW-08D2S-U LITE

CDをリッピングする術がなくなってしまったので購入。必要最低限という感じ。

 

Transcend USBメモリ 32GB TS32GJF790KPE (FFP)

鉄板のUSBメモリ。32GBあると安心。

 

ガジェット類(その他)

ケースロジック 汎用 ポータブルハードディスク用収納ケース CL-HDC01BK

ポータブルHDDが増えてきたので購入。2台まとめて収納できる。

ケースロジック 汎用 ポータブルハードディスク用収納ケース 本体/ケーブル用別収納タイプ CL-HDC01BK

ケースロジック 汎用 ポータブルハードディスク用収納ケース 本体/ケーブル用別収納タイプ CL-HDC01BK

 

 

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g

当時ツイッターでバズった洗濯槽クリーナー。私が使ったときは汚れが目立たなかったが、強力なものらしい。

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g

 

 

 

生活用品

LEDタッチセンサーライト Idealeben

USB給電で充電もできるLEDライト。暖色と白色の切替、明るさの調節ができる。寝るときには暖色光の明るさ最低にすると良い。

 

山崎実業 折り畳みドアハンガースマート ホワイト 7161

ドアハンガー。スーツやシャツをかけるのに使っている。かなり便利。

 

山崎実業 ドアハンガー スマート ロング ホワイト 7645

ドアハンガー。クローゼットのドアにかけて、バッグや折り畳み傘を下げている。

 

マワ すべり落ちない MAWAハンガー ベルト アクセサリー MA6511

上のドアハンガーの最上段にかけて、ベルトやネクタイをぶら下げている。

 

Like-it マグネット5連フック Mag-On ホワイト 8045

ドアに磁石でくっつけて、家や自転車の鍵、社員証をぶら下げている。

 

山崎実業 マグネットスパイスラック プレート ホワイト 2410

冷蔵庫に磁石でくっつけて、調味料など細々したものを置いている。

山崎実業 マグネットスパイスラック プレート ホワイト 2410

山崎実業 マグネットスパイスラック プレート ホワイト 2410

 

 

リズム時計 RHYTHM 電波目覚まし時計 フィットウェーブスマート ホワイト 8RZ166SR03

携帯が壊れて朝起きる術がなくなり、急いで購入した目覚まし時計。値段の割に電波時計だったり機能は十分。病院の受付など、いろんなところで同じ製品を見かける。

 

三菱鉛筆 朱肉 ユニ くっきり乾一30号 HSN‐S30K

印鑑用に購入した朱肉。

 

キッチン用品・食品

Vita Craft ウルトラフライパン 22cm 9309

評判が良くて買ったビタクラフトのフライパン。料理はこれで覚えた。くっつきやすいので、樹脂加工のものに買い替えたい。

ビタクラフト フライパン 22cm ウルトラ 9309

ビタクラフト フライパン 22cm ウルトラ 9309

 

 

コイズミ オーブントースター シンプル ホワイト KOS-1012/W

格安のオーブントースター。機能は十分。若干火力が強いので、加熱時間には要注意。

コイズミ オーブントースター ホワイト KOS-1012/W

コイズミ オーブントースター ホワイト KOS-1012/W

 

 

三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 クリンスイ モノ MD101 MD101-NC

評判の良い浄水器。気になる水の臭いを完全に取り払ってくれる。

 

その他

Mizuno MAXIMIZER 18 [メンズ] K1GA1600 03 (ブラックxシルバーxスカイブルー/265)

2017年春にハーフマラソンに出るため、必要最低限の装備として購入。ネットではとても評判がよかったが、かなり履き心地が良くて、今でも現役で使えている。

 

【第2類医薬品】銀翹散エキス顆粒Aクラシエ 9包

喉の風邪には銀翹散(ぎんぎょうさん)。

【第2類医薬品】銀翹散エキス顆粒Aクラシエ 9包

【第2類医薬品】銀翹散エキス顆粒Aクラシエ 9包

 

 

2016年は一人暮らしを始めたこともあり、生活環境を整える買い物が多かった。使うものの質を上げると、生活の質が上がる。生活の質が上がると、人生の質が上がる。良い買い物で、良い人生を。

2017年に買ってよかったもの26選

2017年に買って長く使っているものをまとめた。

 

携帯品

Touch The Sky ボディバッグ ショルダーバッグ

当時ブロガー界隈で流行したショルダーバッグ。ちょっとした外出に使いやすい。ポケットがたくさんあって整理しやすく、小さい割に500mlペットボトルが入るコスパ最高品。

www.amazon.co.jp

 

ガジェット類(PC・スマホ周辺機器)

SAMSUNG Galaxy Gear S3 classic

歩数や心拍数を取得してsHealthと連携したり、スクワットやクランチなどのカウントをしてくれたり、あらゆるスポーツに役立つ。もちろんカレンダーを見たり、スマホからの通知を表示して返信したりもできる。本体に4GBの容量があり、音楽や画像を保存したり、録音したりすることも可能。見た目もスマートウォッチ感があまりなく、普段使いのできる素晴らしい一品。買ってよかった。

 

ASUS VivoBook E203NA-464G

外出時にも使えるポータブルなパソコンとして購入。ACアダプタ含めて全てがコンパクトで軽くて便利。自宅でもさっと出せて使えるので、長文を書いたり調べ物をしたりするときに使っている。

 

ECS LIVAZ-4/32 N4200

ファイルサーバー用に購入。OSなしのモデルを買い、UbuntuWOLWake On Lan)で起動して、外付けHDD内のファイルをいつでもリモートで取り出せるようにしている。その他、Dockerコンテナを使った簡単なアプリの検証用などにも活躍している。

 

Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット

元々は自宅IoTで遊ぶために購入したコンピュータ。温度や湿度を取得してSlackと連携していたけれど、今はSoftEtherを入れてVPNサーバとして稼働している。常時稼働しているラズパイにVPN接続することで、自宅外からでも上記のECS LIVA Zに自宅外からアクセスすることができる。

 

Anker 24W 2ポート USB急速充電器

会社で使うために買った2ポート充電器。今はもっと小さいものを持ち歩いてため、ベッド際の充電ステーションで使っている。

 

 

Anker PowerCore 10000

安心のAnker製品。品質は文句ないのだけど、モバイルバッテリーは使いたい時に充電が切れていることが多くて、最近はコンセント付きのものを持ち歩いている。

 

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー

ASUSのノートパソコンはmicroSDにのみ対応していてSDが読み込めないので、USB接続できるものを購入。ときどき使っている。

 

 

ガジェット類(その他)

BOSE QuietComfort35 wireless headphones BLK

何度も紹介しているQC35。安い買い物ではなかったが、ほぼ毎日使っているので後悔はしていない。良い買い物をした。

 

パナソニック PANASONIC DIGA DMR-BRW1020

うちにはテレビがないのだけど、ときどき観たい番組があるので購入(DVD/BluRayも観たい)。どこでもDIGAというアプリを使うと、宅外でもスマホからテレビがリアルタイム視聴できる。もちろん録画予約も可能。非常に良い買い物をしたと思う。

 

QCY QY8 ワイヤレスイヤホン

Zolo Libertyを買ってからは使っていないけれど、非常にコスパの良いイヤホン。

 

デスクトップケーブルホルダー ケーブルフック (ホワイト)

デスクの充電ステーションでケーブルが散らかってきたので、充電用の差込口を引っ掛けることで整理している。

www.amazon.co.jp

 

BAGSMART ガジェットケース

ケーブル類、イヤホン類などが机の中に散乱していたので、ガジェットケースの中に入れて整理した。

 

サンワサプライ アルミメモリーカードケース

SDカードが増えてきたので購入。前述のガジェットケースの中に入れている。

 

サンワサプライ ガジェットポーチ ブラック IN-AD4BK

持ち運び用のバッグインバッグとして購入。

 この中に入れているものはこちら。

gakxxxx.hatenablog.com

 

生活用品

デロンギ DeLonghi NJ0505E

エアコンを使うと部屋が乾燥するので、ツイッターで話題になっていたデロンギのオイルヒーターを購入した。本来は足元を温める程度のサイズなのだが、使用すると部屋全体が春のようなポカポカした陽気に包まれる。暖房器具のイメージを刷新する製品。これなしでの越冬は考えられない。

 

なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

当時ツイッターで有名になった電気毛布。直接身体に当てると熱いぐらいなので、間に何かを挟むのが良い。常用しているわけではないが、置いておくと「寒さが厳しいときは電気毛布がある」という安心感がある。とても安い。

Sugiyama 【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

Sugiyama 【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

 

 

テスコム 毛玉取り器 グレー KD778-H

電動毛玉取り器。スーツでもニットでも容赦なく刈り取ってくれる。

テスコム 毛玉取り器 グレー KD778-H

テスコム 毛玉取り器 グレー KD778-H

 

 

ニッケル水素 充電器 単3・単4両用型 FCT345-AJ1

乾電池の充電器。2018年には全ての電池をAmazonベーシックに更改した。

 

壁美人 ホチキスで取付壁掛け ギターヒーロー GH-02W

普通のギタースタンドに立て掛けていたストラトキャスターを、壁にホチキスで取り付けたフックにかけるようにした。痕が残らないので、賃貸でも安心して壁掛けができる。

 

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

半分ネタで買った鼻毛用ブラジリアンワックス。専用のワックスをレンジで湯煎して使うのだけど、その名の通りゴッソリとれるので楽しい。

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

 

 

テルモ 電子体温計

すぐに測れて、見やすく、異常値が少ない体温計。

テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P

テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P

 

 

積水樹脂商事 ステンレスハンガーポール DN-30H

洗濯物干し竿として購入。ハンガーがちょうどいい間隔で引っかかって使いやすい。

積水樹脂商事 ステンレスハンガーポール DN-30H

積水樹脂商事 ステンレスハンガーポール DN-30H

 

 

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

いわゆるチープカシオ。スマートウォッチを買ってから使わなくなったけれど、ひとつぐらい持っておいても良いと思う。

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF

 

 

キッチン用品・食品

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 ちびくろちゃん

レンジで白米が炊けるスグレモノ。当時炊飯器調理にハマっていたこともあり購入。炊飯器と遜色がなく、パック入りのご飯と同等の仕上がりになる。

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き

 

 

貝印 SELECT 100 T型ピーラー DH-3000

貝印のピーラー。圧倒的な切れ味が特徴。料理をするすべての人にお勧めする。未だに現役で野菜の皮を剥き続けてくれている。

貝印 KAI T型 ピーラー SELECT100 DH3000

貝印 KAI T型 ピーラー SELECT100 DH3000

 

 

2018年末に去年の購入履歴を振り返ってみたけれど、一人暮らしの必需品がようやく揃ってきているように見える。特にガジェット周りの充実が大きかった。 使うものの質を上げると、生活の質が上がる。生活の質が上がると、人生の質が上がる。良い買い物で、良い人生を。