where the light is

twice as much ain't twice as good

所得による文化資本格差

・ただのポエム。

・大学時代は完全に友人がいなかったので、あまり感じなかったのだけど、今になって周りに大手企業の社長以下役員クラスの子弟がやたら多いということに気づく。役員でなくとも、部長だとか階級的に高い地位にいる方が多い。よく考えてみると、偏差値70オーバーだった私の高校て、そういった話をよく聞く(実際友人にも個人事業主であったり外資系日本法人社長であったり、そういった出自の人が何人もいる)。

・所得格差による文化的資本の差というのは、たしかにある。幼い頃から海外に連れていかれるのが日常とまではいかないが、教養ある両親の背中を見て育つということ自体が、ある種の(庶民から見ればというレベルであるが)帝王学のようなものを教えることになっているのかも。物事に対するこだわり、特に文化資本への傾倒は、平穏無事に暮らすことができる者の特権なのかなあ、とぼんやり考えていた。なんだか育てられた価値観が全然違うなあ、と思ってしまうのである。

・起業した人の話を聞くと、親が起業家で、とか。海外に進学した人の話を聞くと、親が単身赴任で向こうにいて、とか。そこまでいかなくても、親父が東京都の戸籍をどうのこうのとか、警察の偉い人でどうのこうのとか。なんだか、育てられた環境が違うので、たぶん世界そのもの、生きるということに対する考え方がまるで違っている気がする(同じ人なんていないのだけど、そういう意味ではなく「まるで」違うのだと感じる)。

・よく遺伝子か環境か、という話があるけれど、どちらも子弟の世界観を広げる方向に働いているのかもしれない、と思った。よく世界の解像度って比喩を出すけれど、世界の解像度を広げに広げるような育てられ方をしたなら、それはそれは広い物事の考え方ができるでしょう。そこに必要なのは文化的資本、金銭的余裕なのかなあ。

・自分がそういう環境下で育たなかったことに嫉妬しても仕方ないし、私が幸せだと思う道に進めばいいのだけど、あまりに自分の周りの人たちの家族がハイクラスすぎて萎縮してしまう。

・中高の間に自由になるお金があまりに多かったことに驚きを隠せない。進学校で部活をしていてバイトができなかったのもあるけど、それにしても食堂の唐揚げも高く感じていたし、友達と映画とかも全然いかなかったよなあ、と思ったり。買おうと思えば買えたのだけど、ひたすらお金がないと言われていたし、勿体ない気持ちが強かった。

・大学の時もカンシタ食堂の390円の麻婆丼が高いなあ、と思って家からお弁当を持っていったし、コンビニの買い食いも勿体ないなあと思って、お腹がすいたら家に帰ってたし、そりゃあ友達もできないわな、と今になって思う。

承認を求めない生き方

・ただの書きなぐりだよ。

・前提として「思い上がってはいけない」のだけど、私が持っている知識量は、他人と比べてかなり多めらしい。興味があることをググッたり、本で調べたりしただけなのだが、“普通の人”はそこまでしないようだ。本来他人と比べることに意味はないのだけど、誰かと関わりあって生きている以上、私の当たり前は誰かの当たり前ではないことを意識しておく必要があると考えた。

貸借対照表損益計算書の書き方や読み方、ビジョン・ミッション・経営戦略・戦術などのブレイクダウン、佐川とヤマトなど常識とも言える教科書レベルの経営戦略など、ビジネスマンなら誰もが知ってると思っていたことが、どうやらそうではないらしいということに気づいた。また、栄養摂取の目安とか、目標とする運動量の目安とか、脂肪や筋肉のつく仕組みとか、そういうことに興味が無いのも驚きであった。スマートフォンのカスタマイズとか、そういったこともたぶん同じ類。

・ただ、それは驚くべきことではなくて、私が経営学徒であったり、健康に気を遣いだしていたり、スマートフォンが好きだったり、そういったことに由来するというだけのことで、知識が多いからといって、優れているわけではない。

・「凝り性」「物知り」「オタク」「優秀」「勉強家」「仕事が早い」「細かい」という、周りからの私の評価が仮面のように貼り付いて、本来のそうでない私を作り変えている気がする。評価される自分に思い上がっている。歳の差をいいことに好き勝手に話している。調子に乗っている私を感じて、苦々しい思いになって、ちょっと機嫌が悪くなった。自分の機嫌ぐらい自分で取りたい、誰かに甘やかしてもらう必要なんかない。

・私は私だけど、ただの私でしかない。地位や名声、肩書き、キャリア、年齢、人脈、その他の付属品なんて何の足しにもなりはしないらしい。そういう生き方がしたいのだけど、ある程度の評価や承認がないと自分に自信が持てない。生きてることを許すことができない。そういう生き方は危なっかしいし、自分でも好きじゃない。

・ちょっと鬱っぽいので、そんなことを考えていた。運動をする必要がある。

ここ二週間で買ったもの

・Mpowのヘッドフォンを買ってからブログを更新してなかったので、書くべきことは沢山溜まっているのだけど、なかなか思考がまとまらず筆が進まなかった。これは健全で良いことなのだけど、そろそろ記録しておきたいので書いておく。

・紛失防止タグのMAMORIOを買った。スマホとペアリングしておくと、離れたときに通知してくれるというもの。あまりに財布を置き忘れるので、「気をつける」という予防策が通用しないと気づいて購入した。今のところ失くしはしていないが、コンビニに持っていき忘れると通知されたりする。失くす前いつまで一緒にいたとかも分かるので、いざというときに役立つことを期待してる。

・無香空間の一番大きいやつを買った。古いプラスチック容器に小分けして、靴箱の中、下、トイレの高いところと低いところ、キッチン、キッチン後ろのスチールラックに配置したのだが、これが大当たりだった。ほぼ臭いがしなくなり、したとしても数時間で無臭になる。粒粒が目に見えて小さくなっていくのも分かり、効果を実感している。次は詰め替えでリピートしようと思う。

・十数年使っていた扇風機を捨て、山善のサーキュレーターを買った。コンパクトで静音で上下左右の首振りが可能で、キッチンまでピンポイントで風を送れるところが良かった。見た目も可愛い。床に鎮座している扇風機がなくなったので、掃除もしやすくなった(そのために買ったのもある)。

・写真や動画を溜めておくハードディスクとして、3TBのものを購入した。これまでは1TBのポータブル版を3つ併用して使っていたのだが、どこに何が入っているか管理するのが面倒だったし、そろそろ寿命が近いものがあったので、大きいやつに統合した。もちろん大切なデータは厳選して別のところにも保管してあるが、災害なんかのことを考えると、実家に一台ぐらい置いておいた方が良いかもしれない。ラズパイを一台VPNサーバーにして繋いでおけば、遠隔バックアップとして使えるし。

・何も考えずに笑える面白いやつが観たくて、ジュマンジデッドプール2を観た。大正解だった。

・月末、ウズベキスタンに行くことにした。タシュケント→ウルゲンチ→ヒヴァ→ウルゲンチ→ブハラ→サマルカンドタシュケント(→仁川)の予定。移動手段とホテルは確保したので、持っていくものや前情報をもう少し詰めたい。超楽しみ。いろいろ本を買って読んでいるのだけど、文明の十字路の名の通り、古くから農耕と遊牧の交わる交易地として、様々な文化が入り交じっている彼の地は、島国国家である我々には非常に魅力的である。砂漠の移動もあるので、二重内陸国を存分に楽しみたい。

文明の十字路=中央アジアの歴史 (講談社学術文庫)

文明の十字路=中央アジアの歴史 (講談社学術文庫)

ウズベキスタン・ガイド: シルクロードの青いきらめき

ウズベキスタン・ガイド: シルクロードの青いきらめき

戦略的ラブコメ漫画

神のみぞ知るセカイ源君物語政宗くんのリベンジのテイストがものすごく似ていて、どれも面白いのでまとめておきたかっただけの記事。

源君物語 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

源君物語 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

政宗くんのリベンジ: 1 (REXコミックス)

政宗くんのリベンジ: 1 (REXコミックス)

政宗くんを見ていると、ものすごく筋トレしたくなる。今日は1時間走って、物理的に観測できるほどお腹が小さくなった。

・女の子のキャラとか理不尽なほどのハーレム感とか、そういう観点から少し幅を広げるとニセコイも入るかもしれないけど、楽は戦略的に落としてるわけじゃないので外しといた。

ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)

抗鬱剤としての運動

・いつもの筋トレをした。負荷を4.5kgまで重量を上げても、左右15回*2セットを2周できるようになったので、かなりの達成感がある。そのあと、マシンで傾斜3°、30分間のLSDをした。

・髪を切りに行ったら、「肩と胸、めっちゃ筋肉つきましたね」って言われて嬉しかった。いつもの美容師さんも筋トレをしている人で(だからよく見ているのかもしれない)、マシンの使い方とかジムの情報とかを交換できた。

・睡眠不足、ちゃんとした食事が取れていなくて欝っぽかったのだけど、玄米麦飯、甘辛ナス豚、ゆで卵、レタスピーナッツマヨを食べて寝た。アナバイトとプロテインとBCAAもサボらずに摂取するようにしたら、すごく満たされた気持ちになった。

プロテイン+味の素スタック(合法麻薬)を試してみた。眠かったのあるけど、全身の筋肉が弛緩して頭がふわふわした。依存が心配だけど、美味しくないから多分もうやらないと思う。
http://zighart.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

・筋トレをコンスタントに始めてから、明らかにメンタルが安定してきていて、生きづらさを客観的に観測できるようになった。結果論になってしまうけど、私に必要なのは対話でも休息でも哲学でもなく、筋トレだった。鍛えればどこまでも強くなるし(ウー!ハーッ!)、見た目や数字の変化で進歩を実感できる。以前書いたようにホルモンバランスも安定するし、顔つきや身体つきがシャンとするので自分に自信が持てる。
http://gakxxxx.hatenablog.com/entry/2018/08/05/024022

・我々メンヘラは食事、睡眠、運動のバランスを取りながら生きることが何より大事で、薬剤やカウンセリングなどの治療は、それを補助するものに過ぎないのかもしれない。

ヘッドフォンサブ機

瀬戸内寂聴さんが「今の日本人は」「今のリベラルは」と批判している記事を読んだけど、寂聴さんの中の「今の日本人」「今のリベラル」は、どういうサンプルによって形作られた偶像なのか、考えていた。彼女が読んでいる新聞なのか、見ているテレビなのか、付き合っている人なのかわからないが、主語を大きくされると、「でもそうじゃない人もいるしなあ」という思考が働いてしまう。

サマルカンドブルーの建築写真を見たり、中央アジアの栄枯盛衰を描いた本を読んだりして、ウズベキスタンにいきたいなあと思い立って、本を買ったり、料理を食べたりして、気持ちをあげながら、いろいろ調べたのだけど、気持ちがしゅーんと沈んでしまって、やっぱりいいやってなってしまった。明日の気分すらわからないのに、何か月も先の旅程を決めることができるわけがない。

Mr.Childrenの25周年スタジアムツアーBlu-rayを買った。プロジェクターの大画面で、ヘッドフォンをして観ると、臨場感がものすごかった。オーシャンズ13、ドクターストレンジ、アベンジャーズ、エイジオブウルトロン、インフィニティウォーを観た。映画館で公開日にオーシャンズ8も観た。

・SKULLCANDY CRUSHER WIRELESSという、低音が物理的に振動するという変態ヘッドフォンが気になっていた(特に映画に期待してた)。ただ、試聴してみるとやはり音質的には下の価格帯のSONYにすら劣っているし、ノイズキャンセリングがついていないのが嫌で、購入しないことにした。

・今使っているBOSE Quiet Comfort 35がかなり良い機種で、音色も気に入っているから、どうしても比較してしまうのだけど、これに見劣りしないのは同価格帯の対抗馬 SONYのWH-1000XM2になってしまう。正直、普段使いの二台目なら1.5万円程度のWH-CH700Nでも構わないのだけど、せっかく買うんだし、臨時ボーナスも入るし、それだけ出すならランクを上げたくなったりもしてしまう。他にもいろいろ試聴したけど、安くて音が良くても見た目がいまいちだったりして、帰ってきてしまった。

・結局、低価格帯のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンとして評価の高いMpow H5の2018年モデルが2000円オフだったので、注文した。試聴はできなかったけど、YouTubeや多方面のレビューを見る限り、コスパという意味では最高級らしい。3000円なので、ダメだったらそれででいいと思える。 海外の評価が特に良くて、期待してる。

・筋トレはコンスタントに週二で継続してる。

思い上がってはいけない

・私と気が合う人間が、ことごとく社会生活において生きづらさを感じている事実について、ここに書かない訳にはいかないと思ったので、書き記しておく。はじめに断わっておきたいのは、この記事は自分の価値を低く言及することで同情を誘い、「そんなことないよ」という慰めを求めるものでは決してないということだ。誰かの前で「自分なんて無価値だ」と泣いてたことが何度もあるが(そして愛想を尽かされたことも多い)、そのときは自分にそれほど危機感はなくて、むしろ価値を認めてほしくて自ら貶めていた気がする。最近になって、そのような行為は無価値だと思うし、私の恐怖心の本質は別のところにあるのだと分かった。できるだけ、本質に近い文脈で語るようにしたい。

・大学時代から気が合い、定期的に会っていた友人のほぼ全てが、“社会に馴染めていない”。大手企業を辞めて夜逃げして、定職につかず日本各地で職を転々としたり、モラハラを受けて鬱になり、再就職したものの心の傷と向き合いながら何とか生きていたり、公務員として暮らしているものの、人間関係や労働環境に嫌気がさして病んでしまったり。彼らは加速度的に鬱が進行していて、時々覗き見ては痛々しい気持ちになってしまう。「よくあること」で済まされるような職場の愚痴レベルものではなくて、“社会生活に精神が耐えられない”のだということを感じてしまう。

・彼ら彼女らの生き方がどうだとか評価するつもりはさらさらない。なにが「社会」かとか、どう生きるのが「正常」かとか、あるべき「ステータス」とか、そういうことが語りたいわけではない。友人らは給与労働者として生活することを選びながら、社会に暮らす一般的な人間が単なる愚痴レベルで済ますであろう、“モラハラ”“セクハラ”“長時間残業”“ノリ”“暗黙の了解”“空気”“雰囲気”などに馴染めず、メンタルを壊し、社会生活に溶け込めなかった。今すぐ数えられるだけでも、少なくとも5人はいる。

・「(誤解を恐れずキャッチーな物言いをするなら)私の友達のメンヘラ率は異常」とでも言っておこうか。私はメンヘラという言葉が好きではないので、ちょっと噛み砕いておく。私は、一般的に社会常識とされることや、他人から言われたことを鵜呑みにせず、自分の頭で解釈するしてから言葉にする人が好きだ。その人の感受性や価値観、創造性が垣間見れるのが面白いし、その人の経験から「なぜその考え方が生まれたのか」想像したり、突き合わせて話したりするのが楽しい。でも、きっとそれは諸刃の剣で、「正しい」ということにしておいた方が都合がいいことも、自分のメンタリティに素直に入力して、一般的な人間以上にダメージを受けてしまうのだろう、と思う。そんな人間を、一般的なメンタルが太い人間と一緒に社会に置いたとき、彼らは“社会生活に精神が耐えられない”。

・常に頭の中では「漠然とした不安」「希死念慮」が常駐プロセスとして動いていて、リソースを少しずつ、少しずつ削り取っている。「私なんかが社会に生きていていいのだろうか」という疑問を抱えながら、日々他人と向き合っている。私はそんな鬱っ気のある人間で、こういうものを抱えている人間は少なからずいるらしい。ネクラとネアカとか、陰キャラと陽キャラとか、いろんな言い方があるが、ネクラ・陰キャラが全員鬱っぽいわけではないし、ネアカ・陽キャラにも鬱っぽい人はいるだろうし、「こちら側」「あちら側」という分類も、本質的には意味を持たないのだろう。

・私が言いたかったのは、私がもしも一度でも“社会生活に精神が耐えられない”ようになれば、友人たちと同じように加速度的に鬱が進行してしまうということ。そんなピリオドと背中合わせで生きていることを認識する必要がある。思い上がってはいけない。思い上がってはいけない。できることをやり、他人に馴染めていることに感謝しよう。決して、決して思い上がってはいけない。